ブログ

サービス付き高齢者向け住宅-ポータラカ

ブログ

贅沢な悩み

コロナウイルスによる不要不急の外出自粛要請が出てから2か月ちょっと
そろそろ自粛生活に飽きてきた?すっかり自粛生活に慣れてきた?
私はもともとがインドアな生活でしたので幸いなことに通常運転でした。

緊急事態宣言は解除されましたがまだまだ予断は許せません。手洗いうがい、マスクなど感染症対策、予防の日々は続きます。

さて、さかのぼること2か月前、不要不急の外出要請が出て間もなくテレビが壊れました。
なんの前触れもなく突然画面が鮮やかな砂嵐に・・・困った。まさにこれからステイホーム・・・
これは不要不急か否か。無くても生活は出来る。
しかしテレビと共に歩んできた ン十年(余)
私にとっては必要不可欠、火急な事態。
翌日には毎週録画している番組も控えていた為、焦る。

いろいろ悩んだ結果お財布事情も考え実家に救済を求めました。
実家は昔から密を避けた関係ですのでテレビの台数は贅沢なコトに家族分。

1台借して頂こう、あわよくばそのまま頂こうと企み連絡。

しかし快く「どうぞ」とはいかず(想定内)
こんな時こそ譲り合い、思いやりの精神だろ!と訴えましたが素晴らしくファミリーディスタンスは完璧で。

なんだかんだ、あれやこれや、すったもんだで結局おばあちゃんの忘れ形見のテレビをお迎えすることに。(買う方が早かったかも)
いろいろ考えさせられたコロナ禍です。

19日には県をまたぐ移動も解禁になるようなので、もっと緩和ムードになりますが警戒はもう少し必要かな、と思うと共にテレビが手に入った今の私の生活に緩和ムードがもたらす変化と言えば、「特にない」 という現状。。。

 

実家に帰る道すがら、
状況に振り回されてない風景に少し癒されました。