ブログ

サービス付き高齢者向け住宅-ポータラカ

ブログ

そろそろ秋

 

もうすぐ9月も終わりです。

 

昼間はまだまだ日差しがあつく照りつけるものの、朝晩は気温がぐっと下がり、

薄着で寝てしまったりすると肌寒い時もしばしばで、

その気温差ゆえに体調が優れない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

とにもかくにもそろそろ秋。

秋にはおいしい食材がたくさんあります。

食べなきゃ損、です。

損とは言い過ぎ?

しかし体調が優れなくても体のためには食事はきちんととりたいものです。

 

とはいえ体調が優れない時に料理をするのはすごく大変なこと。

そこでふと、自身が一人暮らし時代によく作っていた

超手抜き料理を思い出したのでご紹介します。

 

 

~~~さんまの簡単炊き込みご飯~~~

【材料】
米     2合
酒     大さじ3
醤油    大さじ1
みりん   大さじ1
だしの素  小さじ1
生姜    お好み(みじん切り)
さんまの蒲焼きの缶詰

※調味料は正直適当で大丈夫です。お酒ちょっと多めかな?程度であとは気分です。

 

【作り方】

1 お米を研ぎ、調味料全てと、さんまの蒲焼きの缶詰の中の汁を入れて、

炊飯器の2合のメモリまで水を入れて、

適当にざっと混ぜます。

※必ず先に調味料を入れてください

 

2 さんまの蒲焼きを一番上に乗せて炊飯します。

※普通炊きで大丈夫です

 

炊きあがったらさんまをほぐしながら全体を混ぜて、お好みでネギなど散らして完成です。

 

 

写真がなくてゴメンナサイ。

これが簡単なのにすごくおいしくて、かなりのペースで作っていたことを覚えています。

これプラス、お湯で溶かすタイプのお味噌汁でよくしのいでいました。

 

生姜の香りが効いていてさんまの臭さなどは全然ないのに、

蒲焼きの甘辛いタレとさんまの旨味はごはんにちょうどいい塩梅で染み込んでいて…

……最高なんです。

生姜が好きな方は多めがオススメ!

 

 

さんまはここ数年不漁が続き、庶民にはなかなか気軽に手が届かない食材になってきたという印象ですが、

缶詰ですのでお気軽お手軽簡単おいしい、いいことづくめの一品です。

何も作る気になれないけど、できあいじゃなくて

手作りのものが食べたいという時にいかがでしょうか。

 

楽しく、おいしいものを食べて、元気に、この2021年の秋を満喫したいですね。