ブログ

サービス付き高齢者向け住宅-ポータラカ

ブログ

私のストレス解消法

みなさん、今日は、どんな一日でしたか?
満足のいく仕事ができましたか?大きな声で笑いましたか?

私たちは、日常生活の中で、仕事や、人間関係、家庭の問題などさまざまな要因で多くの方がストレスになっていると思います。そのストレス解消法は、気の合う仲間と美味しい食事をしたり、旅行や趣味に没頭したりと皆それそれぞれですが、私のストレス解消法はお芝居を観る事です。お芝居といってもここでご紹介したいのは、歌舞伎のような敷居の高いものではなく(勿論、歌舞伎を観る事も大好きです。内容が難しくイヤーガイドがないとちんぷんかんぷんです・・)
「大衆演劇」を観賞する事です。大衆演劇は字の通り、大衆の為の演劇のこと。近年では早乙女太一さんなどの活躍で大衆演劇に対する関心が高まり、幅広い年代に支持されるようになったのではと思います。お芝居は喜劇や人情劇・時代劇に加えて、舞踊ショーと二部構成で行われています。約3時間の見応えある舞台です。お芝居の内容もとても理解しやすく、目の前で観る迫力ある殺陣のシーンや雪が舞い散る中での切ないシーン。台詞を言わずとも客を泣かせる役者魂。私がもっとも魅力を感じるところは、何といっても男性の役者が女形を演じる舞踊ショーで見せる鬘や着物、お化粧、小物使いやしなやかな指先は息を忘れるくらい見入ってしまいます。舞台照明はクオリティーが高く、役者は日々稽古を重ね、真剣勝負で舞台に立っているその息が舞台の間近で感じる醍醐味があります。大阪は大衆演劇の激戦区と言われスター役者が多くいますが、和歌山にも四か所の劇場があります。その中のひとつ海南市にある「すわん江戸村」には若くて、素敵な魅力あふれる役者さんや見事に歌謡浪曲を歌いあげる歌手、春名美保さんがいらっしゃいます。大衆演劇はリーズナブルな値段で楽しむ事が出来ます。(1500円位)みなさん、どんな世界なのか一度劇場に一緒に行きませんか?今まで、幾度となくこの劇場に通い元気をもらって、「よぉ~し、明日も頑張れる!」と思わせてくれる劇場です。ここ直近では今月26日に「すわん江戸村」市川福介の誕生日公演に孫と一緒に観劇予定です。6歳になったばかりの孫がファンタグレープを飲みながら、「あ~今日の芝居はお見事じゃった~」と言う声がもう聞こえるでござんす!